会社設立

株式会社設立

信用面、将来的に事業を拡大していく場合は株式会社がおすすめ

一般的に広く知られている株式会社は、取引先の信用を得られやすいと言えます。合同会社は会社法になってから作られた新しい会社形態ですのでまだ知名度が低く、知らない人も多いのが現状です。
合同会社は定款の認証が不要(定款の作成は必要)で設立費用も安く済むのが魅力の1つですが、未だ広く認知されていないので特に理由がない場合には株式会社がお勧めです。
また将来的に事業の拡大をしていく場合には出資者(株主)と経営者(役員)が分かれている株式会社の方がお勧めです。

LLC(合同会社)設立

低コストで設立が可能!経営の自由度が高く法人の節税メリットも

合同会社は登録免許税6万円のみで設立が可能です。
株式会社の場合、登録免許税15万円と定款承認費用5万円で、20万円以上もの費用が掛かります。
合同会社経営の自由度が高く、利益の配分を出資比率に関係なく社員間で自由に決めることができます。株主総会も必要ありません。

NPO法人設立

時間と手間はかかるが、費用0円で設立が可能!

ボランティア団体や慈善事業のイメージが強いNPO法人ですが、「特定非営利活動」という主たる活動のほかに、「その他の事業」として収益活動もすることができます。

NPO法人には義務が課されており、事業年度終了後に事業報告書や収支計算書などの書類を出さねばなりません。この義務はNPO法で定められており、破ると罰則を課せられます。

事業計画書作成支援・融資・補助金獲得サポート以外の取扱業務

ペット
遺言
風営

吹田江坂行政書士事務所

〒564-0053 【MAP】
大阪府吹田市江の木町5-8マイダビル203号

岡田真里ブログ
フェイスブックはコチラ