ブログ

2014.02.27

起業【茨木市の補助金】

  今日は地域限定の情報です

色々な補助金制度が各市町村からでていますが、今日は大阪府茨木市の補助金です。

「創業促進事業補助」

テナント賃借料の補助を受けることができます。

賃料の50%、月額50,000円まで。

補助期間は、12か月の場合と6カ月の場合があります。こちらはどこでお店を開くかで変わってきます。

もう一つは、改築・改装工事費の50%、限度額50万円まで補助してもらえるという制度です。

ふたつは併用可能です。開業費用のうち最大100万円の補助を受けることができます。

こちらは事業を始める前に申請が必要です。事業計画を練り、事業計画書と必要書類を市に提出し審査に通ったのち、テナントや改装工事をすることになります。先にしてしまうと補助は受けられませんのでご注意ください

2014.02.20

企業支援【中小企業経営力強化資金】

 「社長、1500万円が無担保・無保証で借りられます!!」

こんな話があったらいいな~という社長様!すぐ起業応援センター大阪へご連絡くださいor

日本政策金融公庫の融資に「中小企業経営力強化資金」が新設されました。

なんと!この制度、貸付金額のうち1500万円までは、無担保・無保証人であっても上乗せ金利なしで貸付が受けられるのです。

対象者は経営革新又は異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等により市場の創出・開拓を行おうとする者で、認定支援機関の指導及び助言を受けている者となっています。新規開業も対象になります

認定支援機関については当事務所へお問合せいただければ、登録している支援機関とのうち支援機関として活躍しているところをご紹介いたします。名ばかり支援機関が多いので信頼できるところをご存知なければぜひお問合せ下さい

当事務所は融資の際に必要な書面(事業計画書とそれに付随する書面等)の作成をサポートし、

認定支援機関とお客様の連携をスムーズに運ぶようお手伝いをさせていただきます。

2014.02.13

平成25年度補正予算案 創業補助金

 平成25年度補正予算が成立しました

昨年に続き、「創業者向け補助金」が出ます
昨年より少ない予算ですので、この施策を活用されたい方はお急ぎください。
公募は3月中頃開始予定ですので、すぐにでも準備を始められた方が良いかと思います。
金融機関融資と同様、事業計画がしっかりしているか、手持ちの準備資金等がポイント。
ご自身の計画を数字と文章で成長事業であるという示さなければなりません。
つまり事業計画書がキーの1つとなります。
創業補助金を受けたいとお考えの方は、お早目にお問合せ下さい

2014.02.12

予防法務

 昨日、こんなお話を伺ったので今日は「予防法務」について書きます。

最近知り合ったAさん。NPO法人と株式会社をされています。

費用節約のためインターネットや本を見ながら、定款を作ったり事業計画書を書いたりしてつくられたそうです。

私にお話しされたAさんの体験も本当に初歩的なリスクマネージメントでした。

設立に必要な、法律で決められた書面しか用意していなかったために起きたトラブルでした。

法人の設立やお店をつくることの手続自体はそんな難しいことではありません。

問題はあとに起こります。見えていないリスクはたくさんあるのです

目の前の費用を節約することも経営者として大切ですが、まだ目に見えない出費を回避することも経営者として大切な視点です。

やはり長く事業を続けてられる方ほど、リスク回避についてよく考えておられますね

2014.02.05

地元企業発注促進補助金

地元起業発注促進補助金 

地元企業に一定額以上の発注を行った事業者に対して補助金を交付することにより、地域経済の循環と活性化を促進し、産業の振興及び市民生活の向上に資することを目的とする補助金です。発注した市内企業数1社につき50万円の補助金(上限額500万円)を受けることができます。

補助対象者は以下いずれかに該当するものです。

・企業立地促進条例において奨励金交付対象者として認定を受けていること

・新たに土地及び建物を取得して床面積300㎡以上の事業所を立地すること

・既存事業所の床面積を100㎡以上拡張し、かつ床面積合計が300㎡以上であること

補助の要件

本補助金の補助対象者として認定を受け、操業を開始した日から2年経過後の1年間において、市内企業に対して1社につき300万円を超える額を発注していること

すぐに補助金が手に入る内容ではありませんが、活用して損はありません。

ご興味ある方はお問合せ下さい(^^)


 

2014.02.03

優良ビジネスプラン実施事業所賃借料補助金

 実は吹田市、全国的に見ても開業率の高い地域。市から以下のような補助が受けられます。

 市内で新たに事業所を開設し、優良なビジネスプランを実施する創業者に対して、事業所賃借料の一部を補助してくれます。

 吹田市が実施する認定会議において、事業計画等のプレゼンテーションを行った上で、プランの認定を受けられれば、補助金の交付が受けられますよ。

ビジネスプランをお持ちの方は、ご検討されてみてはいかがでしょう?

◎補助対象者

 ・6ヶ月以内に新たな事業を開始する計画を持つ個人

 ・今後分社化、共同会社設立等を行う計画を持つ親会社

◎補助内容

 ・事業所の賃借料の2分の1以内を補助(上限額50,000円/月)

 ・補助対象期間は賃貸借契約から12ヶ月間 (ただし、必要と認められる場合は最長36ヶ月間)

現在の募集は平成26年1月14日(火)~平成26年2月14日(金)

次回の募集は7月~8月になります。(9月~翌2月までに開業予定の方対象)

事業計画書の作り方、プレゼンの魅せ方は当事務所へご相談ください(^^)

その他、融資等のサポートも致します。

吹田を一緒に盛り上げてくださる方、お待ちしてます!!

吹田江坂行政書士事務所

〒564-0053 【MAP】
大阪府吹田市江の木町5-8マイダビル203号

岡田眞里ブログ
フェイスブックはコチラ

Calendar

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

Feed

Search This Blog